読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『アイドル』を考えてみる

ここ最近連日のように悲しいニュースがとりざさされています。

 

『アイドル』と言えば昔は雲の上の存在でした。

でも最近はAKB48のコンセプト(会いに行けるアイドル)から

とても身近な存在になりました。

 

画面の中に居た人達が目の前に居る・・・。

それはfantasyがrealityになった瞬間でしょう。

 

ファンにかける声や優しい姿に嘘はないと思いますが、

そこでで勘違いしていけないのは彼・彼女達の活動はあくまでも『お仕事』。

勘違いをしてはファンとアイドルの関係性が崩れてしまいます。

 

そもそも『アイドル』を検索すると、

その意味は神仏を象った『偶像』だそうです。

そして『ファン』は楽しむ・・・といった意味で、

言わば関係は歌い・踊る『偶像』と『楽しむ』人(達)。

それが『アイドル』と『ファン』の関係性だと思います。

 

『アイドル』に付くメジャーな言葉としては、

”みんなの”・・・っていうのが有ります。

まさしく『アイドル』は「みんなのアイドル」なので、

誰ひとり(個人)の者でも有りません。

 

クールに見れば『アイドル』はまぎれもなくエンターテイメント・・・

娯楽として楽しむものだから、

感情をコントロールしてこそ正しいハマり方なんじゃないでしょうか?(^^ゞ

 

(※あくまで個人的な見解・意見です。)

 

 

Main HP:ヘアーカット アリア